元気で健康な赤ちゃんを生むために我慢しておくとよい事

 

妊娠するというのは、物凄くめでたいことです。しかし、ゴールは、元気で健康な赤ちゃんを生むことです。そのためには、我慢しておくとよい事もたくさんあります。それらを紹介したいと思います。

まずは、有名なところで飲酒です。完全に禁酒をする必要はありませんが、酔うまで飲むのはご法度です。また、妊娠期間が長くなり、胎児が大きくなった状態になれば禁酒するのが望ましいです。

次にあげるのは、タバコです。喫煙は、非常に退治に悪いと言われています。これは、何も妊婦だけではなく、旦那さんの喫煙の受動喫煙もよくないとされています。だから、妊娠したら、車内や室内での喫煙を我慢してもらうようにしましょう。他には、コーヒーの過剰摂取も悪いそうです。あくまで過剰摂取であり、日に2杯までに抑える必要があります。

カフェインが悪さをしているのであれば、紅茶やお茶も同様なのですが、まだそこまで詳しことは解かっていないようです。他には、栄養ドリンクやエナジードリングが挙げられます。子供の服用を控えるように記載されていますが、胎嚢で赤ちゃんと繋がっている妊婦さんが摂取するのは、やはり、よくないとされています。他には、法律で駄目とされており、やっている人はいないと思いますが、麻薬も駄目です。

摂取物の事に関して記載しましたが、他にも避けておくとベターなことがあります。激しい運動は、避けるべきです。また、有名な話ですが、ハイヒールを履いたり、スタイルがよく見える服装も避けておくべきです。妊婦さんは、妊婦さんらしい格好をしましょう。いわゆるマタニティーウエアですね。マタニティといえば、マタニティーブルーという言葉が有名です。妊娠して憂鬱になることですよね。気分が憂鬱になると、赤ちゃんの性格に影響を及ぼし、問題行動の多い子供が生まれやすいと言われています。出来るだけハッピーな気持ちでいるようにしましょう。

これらを実践しても、流産や奇形児、問題行動のある赤ちゃんが生まれる可能性はあります。しかしながら、避けておかないよりは、確率的に減少する事が、医学的に証明されています。出来るだけ実践するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket