女の人の薄毛の流れは!?男性と違うポイント

 

女の人の髪の薄毛の流れは男性とはちょっと違います。男性は一部分からハゲてきますよね?

例えばおでこからハゲ上がってM字ハゲになったり、頭頂部からハゲ上がり河童みたいになったりと一部分が急激に薄毛になることが多いです。これは見ていて悲惨ですし、自分でも薄毛が進行していることがとっても分かりやすいです。しかし女性はそれとは違って、髪全体が薄くなっていく人が多いのです。

女性は髪全体のボリュームがなくなって、薄毛が進行していきます。おかげで男性ほど目立ちはしないのですが、その分自分で薄毛になっているという自覚するのが遅いので、気づいたときには手遅れということがあります。

このせいで気づいたときにはとんでもないほど薄毛が進み、対策が遅れるのです。全体的に髪の毛が薄くなり、そしてつむじがいつの間にか目立つようになり、気づいたら「つむじハゲてない?」と言われます。言われたときにはすでにかなりの薄毛の進行具合で、薄毛に気づけなかった自分を責めることになります。

このように女性は男性みたいに集中的にハゲることはありませんが、じわじわとハゲてくるのです。このせいで自分に興味が無い人などは気づかないことが多いですし、例え気づいても「いや、そんなはずない」と自分を騙してしまって、薄毛に対処しない人が多いです。そうすると薄毛は徐々に進行して、果てにはあなたを苦しめることになるのです。このように女性の薄毛の流れは男性とはぜんぜん違いますね!

だいたいですが男性は20代以降から急激に薄毛が始まり、ハイペースでハゲます。それに比べて女性は40代あたりからボリュームが減ってきて徐々に薄毛の症状が出てくるのです。女性の薄毛は男性と違ってゆるやかに進みます。このせいで気づきにくいこともあるので、周りの人の「髪薄くなった?」という忠告にはしっかり耳を傾けるようにしてください。自分の意見よりも客観的な他人の意見の方が正しい場合が多いのですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket