育毛剤と食べ物の力を借りて薄毛ケアをしよう

 

遺伝的な要因だけではなく、ストレスや間違った洗髪方法に食生活の乱れなど、様々な要因で薄毛や抜け毛は進行していきます。

家族に薄毛の人がいないからと言って油断していると、生え際や頭頂部から抜け毛が始まってしまうかもしれません。

薄毛は早めに対策をとることで進行を遅らせることができます。育毛剤の力で頭皮環境を整えて抜け毛の量を減らしつつ、毛母細胞が丈夫でコシのある髪の毛を育てることができるように、なるべく栄養を食事やサプリメントから補給しましょう。体の外側と内側から同時に薄毛対策を進めていけば、より育毛効果を感じることができるはずです。

まず、頭皮環境が好ましくない状態になっている場合に使うべき育毛剤を探す必要があります。健康な頭皮でも髪の毛は毎日一定の量は抜け落ちていますが、皮脂が過剰分泌している頭皮は髪の毛が成長するスピードよりも抜け落ちていくスピードの方が上回っている状態です。

フケの量が増加したり、頭皮のしつこいかゆみも皮脂が原因です。頭をかいてしまうと炎症を起こしてしまい、これが新たな抜け毛の原因になるので注意しましょう。ちなみに皮脂が増える原因は、睡眠時間の不足や就寝時間の遅さの他、アルコールの飲み過ぎや肉類と糖分の食べ過ぎなどです。

睡眠習慣や食生活の栄養バランスを改善すれば、ある程度は薄毛の改善も見込めるでしょう。これらの取り組みに加えて、皮脂を抑制する成分を配合した育毛剤で頭皮環境を良くしていけばいいのです。具体的にはビタミンB群やグリチルリチン酸などです。グリチルリチン酸が入っているかどうかを見分けるポイントは、甘草から抽出されているエキスを使っているかどうかで判断できます。実際に多くの育毛剤で甘草エキスが配合されています。

髪の毛を増やすための栄養のある食事を心がけたいなら、どのような成分を重視するべきなのでしょうか。いくつかありますが、亜鉛やたんぱく質などが有効です。亜鉛は吸収率が低いのでサプリメントの方が効率的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!